ブタクサ 花粉症 症状 皮膚 肌荒れ

ブタクサの花粉症は皮膚炎や肌荒れの症状が現れます。

スポンサーリンク

花粉症は2月から4月にかけて多く飛散するスギ花粉やヒノキ花粉によって発症するひとが多いですが、そのほかにも8月から10月にかけて飛散するブタクサも多くの人が花粉症の症状を発症する傾向です。
ブタクサは7月ごろから徐々に飛散を始め、8月から10月ごろまで飛散のピークを迎えます。
この時期はイネ科の植物の飛散時期とも重なるため、アレルギー反応を起こしやすい人は対策をすることが大切です。
主な症状は皮膚がかゆくなったり、肌荒れを引き起こすなどのほか、鼻水やくしゃみ、咳などの症状も併発するため、夏風邪を勘違いされやすい傾向です。
ブタクサはスギやヒノキに比べて飛散距離は少ないですが、近隣の公園や道端に多く生息しているため、反応してしまう人は近づかないことがポイントになります。
また、この時期には他にも花粉が飛散しているためどの花粉に反応しているのかアレルギーテストを受けておくことも対策を考えるうえで必要になります。

スポンサーリンク

ブタクサによる花粉症の対策としては、近づかないことはもちろんのこと、近くを通る場合はマスクを着用することや、玄関前で花粉を払うこと、皮膚についた花粉をシャワーや洗顔で洗い流すことで対策を行いましょう。
また、ヒノキやスギの花粉の時期には換気はできないくらい飛散しますが、ブタクサは飛散距離が短いため、部屋の換気をしておくことや空気清浄機をつけることも大切です。
それに加えて、室内の掃除をこまめにして、入り込んだ花粉を除去することも必要になります。
また、自宅の庭や家の周りに生えている場合はあらかじめ刈り取っておくことも大切です。
夏や秋にはハイキングやキャンプなどのレジャーも多く行われる時期です。
山などへ行く際はマスクを持参し、対策を講じるとよいでしょう。
万が一辛い症状が出てしまった場合には、病院を受診するか、市販薬などを飲んで症状を軽減することも大切です。

スポンサーリンク