花粉症 だるい 病院

花粉症によるだるい症状は病院で受診しましょう。

スポンサーリンク

2月から5月ごろまで多くの人が悩まされる花粉症ですが、その症状はさまざまです。
鼻水やくしゃみ、咳、目のかゆみなどが代表的な症状ですが、重症になるとだるい、食欲不振、頭痛などの風邪に似た症状も表れます。
風邪との違いは連続したくしゃみであったり、鼻水が無色透明であることや、発熱や喉の痛みがないことがあげられます。
また、毎年決まって花粉症が飛散する時期のこのような症状が表れる人は花粉症と言えるでしょう。
毎年、飛散量に違いがあり量が多い年には特に症状が重くなる人が多くなる傾向です。
毎年花粉症に悩まされる人は、だるいや食欲不振などの重症になる前に早めの対策や対応が大切になります。
最近、病院では対処療法ばかりでなく、根本的な改善治療を行うところも出てきているため、花粉の飛散前に受診をして対策を講じることも一つの手段と言えます。

スポンサーリンク

花粉症の治療にはさまざまな方法が挙げられます。
薬物療法や減感作療法、手術療法があります。
医師によって症状の重症度や病型によって治療法が選択されます。
初期の段階での対処療法は花粉の飛散が始まる前に薬の服用をスタートさせて、飛散ピークに症状を軽減させる方法が取られます。
また、この方法で改善が見られた場合には維持させる治療をとる場合もあります。
根本的に治療する方法としてはアレルゲンとなる花粉を注射によって少しずつ体内に取り込み、アレルギー反応を弱めていく方法です。
この治療法は2年から3年程度の継続が必要になるため、患者側の負担もありますが、成功すれば改善がみられます。
そのほかに、手術療法が施される場合もあり、鼻の粘膜の一部をレーザーで焼いて花粉が付着してもアレルギー反応が起こらないようにする治療法です。
この方法は粘膜の再生とともに症状が復活するため、そのつど行う必要があります。

スポンサーリンク