花粉症 治療 咳 何科

花粉症治療において咳が出る場合には何科を受診すれば良いか

スポンサーリンク

日本では春の季節になるとお花見が始まりますが、同時にスギやヒノキなどの花粉症が発症し始める時期でもあります。
その際に咳も同時に発症している場合には、何科を受診すれば良いか説明をしていきます。
この時期に咳が発症してしまった場合において、どちらが原因で症状が出ているか分からないことがあります。
このように不確定要素がある場合においては、とりあえず内科を受診しておけば問題ないです。
治療についても咳が担当の一つであるため、受診することで薬を処方してくれることが多いです。
ポイントとして花粉症ではなくただの風邪の場合もあるので、そういった場合において内科が最も適したクリニックとなっています。
基本的に内科を受診すれば間違いはないため、中々症状が改善されない時には積極的に利用をすると良いです。
なお子供が同様の症状を発症している場合においては、内科ではなく小児科を利用しても大丈夫です。

スポンサーリンク

 春の時期に咳が止まらなくなった場合において、何科を受診すれば良いか疑問に感じてしまう方がいます。
通常であれば内科を受診するのが好ましいですが、原因が花粉症によるものだとはっきりしている時には耳鼻科を利用するのが良いです。
耳鼻科では鼻の病気の専門治療を行っているため、花粉による症状悪化はむしろ得意分野となっています。
花粉症の症状となるとくしゃみや鼻水が中心ですが、咳も発症する原因として鼻づまりが関係しています。
通常時であれば鼻の細菌やウィルスなどは、喉の粘膜まで行き届くことがないです。
しかし花粉症の場合には鼻づまりを起こしているため、鼻の細菌やウィルスが喉にまで伝わってしまうことがあります。
それによって喉の調子も並行して悪くなってしまって、症状がさらに悪化してしまう流れや仕組みとなっています。

スポンサーリンク