花粉症 咳 アレグラ

花粉症の咳、鼻炎に効くアレグラ錠

スポンサーリンク

春先はスギ花粉の飛び交う季節です。
花粉症のアレルギー症状である咳や鼻炎に悩まされる人も、数多く存在します。
咳や鼻炎の鼻水がうっとおしくて、マスクを手放せない人もいます。
しかし、営業などの仕事をしている人は、そのマスクをする訳にもいかず、かなり困っています。
医師に薬を処方してもらっても、体質に合わなかったり、効き目が今一つであったりと、色々と問題を抱えています。
その中で、即効性が高いと評価されている薬があります。
それがアレグラ錠です。
抗アレルギー錠として、アメリカの会社で開発されました。
アレグラ錠は、主にアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚の痒みを抑える効果があり、花粉症の症状を緩和させる薬として、広く使用されるようになりました。
また、この薬は、花粉症そのものの予防にも役に立つのです。
花粉の季節には、継続して服用することで、症状を出にくくします。

スポンサーリンク

アレグラ錠は、1日2回服用することが基本です。
しかし、病院で処方してもらうと、1日1回、朝食か夕食の後に服用と記されています。
ただ、効果的に服用するのであれば、食前の方がお勧めです。
が、食前の服用は飲み忘れも多いので、継続して服用しやすいように食後という指示になっているのです。
この薬については、2013年よりジネリック医薬品が発売され、安価で入手できるようになりました。
このアレグラ錠は、一世代前に花粉症に処方されたデルフェナジンと異なり、心臓に悪影響を及ぼすことはありません。
その他の副作用も少なく、抗アレルギー剤に付きものの眠気や口の渇きも起こりません。
ですから、車を運転する人も安心して服用できます。
しかし、稀に頭痛、眠気、吐き気を訴えるケースもあるので、そのような時は、主治医に相談することです。

スポンサーリンク