花粉症 アレルギー検査数値

花粉症とアレルギー検査数値について

スポンサーリンク

スギやヒノキ等の花粉が原因で起こるアレルギーの事を花粉症と言います。
花粉症を発症させる植物としては、スギやヒノキの他に、シラカバ・ブタクサ・ヨモギ・イネ等があります。
花粉症という言葉か広く知らたのは、ここ最近の話で、スギ花粉を発症する人が増えてきたからと言っても良いでしょう。
スギは、建築に適した木材として昔から広く使われてきました。
戦後、焼け野原から復興させる為に、多くのスギが伐採されたため、昭和23年『国有林野経営規定』によって、木材の成長量に見合った伐採しかできなくなった事もあり、増林の方向に進みました。
今となっては『国有林野経営規定』も改定され、自由に伐採できるようになりましたが、多くのスギの木が植えられたままの状況です。
平成14年3月31日現在、スギの木の面積は、森林面積の18%にも上るといわれています。

スポンサーリンク

日本の生活において、花粉症は非常にポピュラーなアレルギーとなっている今、上手に付き合っていく事は非常に有効となります。
少しでも『花粉症かな』と感じている方は、まずは近くの病院に行き、ご自身がどんな植物に対してアレルギー反応がでているのか。
または発生していないのか。
調べて貰う事をお勧めします。
検査自体、難しいことは無く、血液検査によって診断してもらえます。
また病院によっては、アレルギー検査数値を踏まえて診断してくれる所もあるでしょう。
症状は人それぞれです。
頭痛、目の痒み、くしゃみ、鼻づまり等。
症状が軽い人もいれば、重い症状が出る人もいるので、医師へ相談のもと、上手く付き合っていきましょう。
初めは慣れないかもしれません、付き合い方が分かってくると適切な対策が出来るようになってきます。
また、近年は免疫療法も行われています。

スポンサーリンク