花粉症 治療 寄生虫

花粉症の治療と寄生虫の関係について

スポンサーリンク

花粉症の治療と寄生虫の関係についてお話しします。
花粉症とは、スギ花粉等が原因で起こるアレルギー性鼻炎のことで、日本人の多くが春になりスギ花粉の飛散時期になると辛い思いをします。
アレルギー性鼻炎は、鼻粘膜に付着したスギ花粉等のアレルゲンに対して、抗体の1種であるIgEが反応することから始まります。
IgEは肥満細胞などの免疫細胞表面に結合している抗体で、IgEとアレルゲンが出会うと肥満細胞からヒスタミンを主体とする免疫物質が大量に放出されるのです。
ヒスタミンは、鼻粘膜の毛細血管に作用して毛細血管の透過性を増大させ、鼻粘膜に充血や浮腫等の炎症反応が起こることになるのです。
また、スギ花粉等が鼻粘膜に付着すると、くしゃみや鼻水が出ますが、これらの反応はアレルゲンを排出するために起こる身体の防衛反応なのです。

スポンサーリンク

本題の花粉症の治療と寄生虫の関係についての話になりますが、アレルギーを引き起こすIgEという抗体は本来、寄生虫等に対して働くはずの抗体なのです。
しかし、現代の日本人は高度な衛生環境下で生活するようになり、寄生虫の感染をほとんど受けないような状態なのです。
ですから、IgEが体内で余っている状態になっており、本来外敵として扱われることがない花粉等に対しても反応してしまうと考えられているのです。
これが本当であれば、アレルギー性鼻炎の治療に寄生虫を用いれば良いのではないかという考えも生まれますが、今のところアレルギー性鼻炎の治療のために、このような方法は行われていません。
現在アレルギー性鼻炎の治療法の主流は、抗ヒスタミン薬の服用になります。
しかし、これは対症療法であり、アレルギー性鼻炎を根治させるためには、アレルギー体質を改善する必要があります。

スポンサーリンク