花粉症 時期 季節ごと

季節ごとや時期に関係なく発症する花粉症について

スポンサーリンク

花粉症とは日本ならではの病気や症状となっている傾向があり、主な原因としてスギやヒノキの花粉が関係しています。
季節ごとによって発症する頻度が異なりますが、一般的に多くの花粉症の時期として3月から4月にかけた時が多いです。
この時期がスギやヒノキの花粉が多く飛ぶ季節なので、花粉症患者にとってはつらい瞬間でもあります。
発症する原因として鼻の粘膜が花粉によってアレルギー反応を起こすためであり、これについては個人差があります。
そのため同じ日本人でも抗体を持っている場合もあるため、その時には症状が出ることはないです。
また症状のレベルについても個人差があるので、くしゃみだけのケースもあれば頭痛や気分が悪くなることもあります。
ですが春の季節に多い病気であることに違いはないため、この時期にはマスクをするなどして予防することが大切です。

スポンサーリンク

 日本の花粉症の多くは3月から4月にかけての春に発症することが多く、患者数についてもこの季節が大多数を占めています。
しかし中には夏に咲く花の花粉によって、同様にアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
それはシラカンバやオリーブの花粉となっており、時期については5月から6月が多くなっています。
そのためどちらからというと初夏に咲くことが多いので、時期としては春から夏の間という位置になっています。
スギやヒノキほどではありませんが、こういった花粉でも時々アレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
特徴として農家の人のように毎日これらの花などに栽培している場合に、夏に花粉症になってしまうことが多いです。
ですので一般の方については春に発症することが多いのも、この病気の一つの特徴としてみなされることが多いです。

スポンサーリンク