花粉症 咳 ツボ

咳を伴う花粉症のツボを用いた治療法

スポンサーリンク

アレルギー性の疾患を患うケースは、100年くらい前までは、それほど多くはありませんでした。
しかし、社会が近代化するとともに、さまざまなアレルギー性疾患を持つ人が、急増し始めたのです。
このようなアレルギー性の疾患のうち、咳を伴う花粉症は、とくに増加した疾患と言えます。
例えば、スギやヒノキの花粉が飛ぶ春の時期になりますと、マスクを装着している人が増えるのが典型的です。
治療法には、根治療法と対症療法の2つが存在しますが、最もよく行われているのは、対症療法になります。
例えば、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服や、吸入療法などが代表的なものです。
これに対して根治療法は、免疫力を向上させる必要があるために、時間を要する治療法です。
しかし、免疫力がいったん向上すれば、その後は症状に悩まされることが、極端に少なくなります。

スポンサーリンク

この免疫力を向上させるための方法の一つとして、ツボを使って行う方法があります。
その代表的なもの治喘と呼ばれるツボで、このツボは背中の上部のほうに存在します。
治喘は、その文字の中に喘というものがありまして、昔から喘息をはじめとした咳に有効と言われています。
具体的な方法としては、指を用いて指圧する方法もありますが、先の尖ったもので軽く刺激すると効果的です。
その典型的なものが、日本に古くから伝わっていて、現在もいろいろな疾患の治療を行っている鍼灸治療です。
鍼灸治療では、この部分を中心に、ハリを用いて刺激を与えて、花粉症の咳の治療を行うのです。
また、昔はよく家庭で行われていた、乾布摩擦を行うことも、症状の軽減に役立ちます。
具体的には、先述の治喘の場所を中心に、背中の肩甲骨の間に乾布摩擦を行うと、とても効果を発揮します。

スポンサーリンク