花粉症 5月 目がかゆい かゆみ

3月から5月にかけて目がかゆい場合は花粉症のかゆみの可能性も

スポンサーリンク

目がかゆい原因にはいろいろなものがあります。
しかし、毎年3月から5月頃にかゆみを感じるのであれば、花粉症が疑われます。
目のかゆみの他にくしゃみや鼻水などの症状もあれば、なおさら花粉症の可能性が高まります。
季節の変わり目に起こる症状なので、最初は単なる風邪だと間違えられることもあります。
症状として咳や発熱などを経験する人もいるので、なおさら風邪だと思い込んでしまいがちです。
しかし、風邪とは異なる対処法が有効となることもあるので、病院で検査を受けて花粉症であることを確実に診断してもらうほうが、その後の生活が楽になります。
風邪が原因である場合、余程のことがない限り安静にしていれば治りますが、花粉が原因のときにはそうもいかないことが多いのです。
いくら安静にしていても、花粉をたくさん吸いこんでしまえば症状は治まる気配を見せません。

スポンサーリンク

病院で治療を受ければ、花粉症の症状を抑える薬を処方してもらえます。
しかし、もちろん無料で治療を受けることができるわけではありませんし、かなりの長期間にわたって薬を飲み続けなければなりません。
長期間薬を服用することに健康上の懸念を抱く人がいるのも事実です。
目のかゆみなどの原因が花粉である場合、幸いなことに薬以外の有効な対処法もあります。
まず、家の中になるべく花粉を入れない努力をすることです。
また、なるべく花粉を吸いこまないようにマスクの着用が勧められます。
面白いことに、寝ている間でもマスクをしていれば、目のかゆみをかなり軽減することができます。
目をつぶっていても、鼻から花粉を吸いこんでいると、夜中に目がかゆくて目が覚めてしまうことがあります。
マスクを着用して寝ることで、こうした不快な目覚めを経験せずに済むのです。

スポンサーリンク